沖ガラス株式会社

窓ガラスの防音対策・遮音対策なら

お問合わせはこちら(03-3630-1451)

マンション住民のトラブル、騒音問題は非常に多い・・!

マンションにお住まいの方で、多い悩みの一つが、騒音です。マンションは、外からの騒音に加え、構造のため、上下階からの音も響いてきます。家にいるにもかかわらず、騒音によってリラックスできないのは、非常に深刻な悩みです。

周囲からの騒音に加え、マンションでは、自宅の音が外に漏れていないかどうかも気になるところ。ペットの声や楽器演奏など、気になる音は、外に漏らさない工夫も必要です。騒音をめぐる口論から、刑事事件に発展した例も数多くあり、マンションの近隣住民に対する十分な配慮が必要です。

上手にマンションの防音対策を行うことは、快適な住まいづくりのみならず、マンション住民のトラブル回避にも役立つのです!

周囲からの騒音

音は、どうやって伝わるの?

音の伝わり方には、「空気音」と「固体音」の、2種類があります。
音の特性を理解して、それぞれに合った防音対策を講じることが重要です。

音の伝わり方 空気音 固体音
空気を伝わってくる音。 壁、床などの固体を伝わってくる音。
音の例 車の騒音、人の話し声、雷の音、工事現場の音など 上階から響く足音、排水音 など

ペットを飼いたい、ピアノを弾きたい!でも騒音が心配・・!

マンションでの騒音は、大きなトラブルのもととなります。実際、マンションで発生したトラブルの内、騒音により深刻なトラブルとなってしまった例もあります。

その中で特に多いのが、ペットの泣き声や、ピアノなどの楽器の音が漏れてしまうことによるトラブルです。ペットを飼いたい、ピアノを弾きたい、といっても、ペットの鳴き声や楽器の音は、思いのほか周囲に響いてしまいます。

知らず知らずのうちに、騒音の発生源となってしまわないよう、十分な配慮が必要です。マンションで、上手に暮らしていくために、自分が出す音についても敏感になりましょう。

騒音の発生源

防音性能の高いマンションって・・?

分譲マンションを探すとき、「遮音等級」という数値に着目してみてください。その数値で、マンションの防音性能が分かります。

固体(床)を伝わってくる音の場合、「L-50」といった表示があります。 この数値が小さいほど、上階からの音に対して防音性能が高いマンション、 ということになります。

また、窓からの騒音に対する防音性能にも要注意です。サッシや窓ガラスの遮音性能を示す数値に「T-○」といった表示があります。これはJIS規格で規定されたサッシの遮音性能を表すものでT1〜T4まであり、数字が大きいほど遮音性能は高くなります。

普通のサッシよりも、防音サッシ、さらに防音性能が高い二重サッシが取り付けられているマンションなら、外からの騒音がずいぶん低減されます。また、新築時の窓ガラスが、防音ガラスになっているマンションもあります。

騒音で困らないマンション選びのポイントを、ぜひ知っておきましょう!

困った騒音をなんとか防ぎたい!

困った騒音を、なんとか防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?
例えば、こんな方法で防音することができます。

  • カーテンを閉める
  • 雨戸を閉める
  • 音のするほうに、家具を置く
  • 窓のクレセント(鍵)の、かかりを強くする
  • 防音ガラス、内窓に交換する!

沖ガラス一番のおすすめ防音対策は、防音ガラスや内窓を取り入れる方法です。
音の入り口である、窓への対策が効果的です。

さっそく窓ガラスの
防音対策をしよう!

→ 防音をズバリ解決!
次のページ→

防音のことなら沖ガラスにお気軽にご相談ください。
防音におすすめの対策をアドバイスいたします。商品のお見積もりは無料です。

防音対策 お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

フリーダイヤル
03-3630-1451