沖ガラス株式会社

窓ガラスの地震対策・防災対策なら

お問合わせはこちら(03-3630-1451)

地震の発生が非常に多い・・!

地震大国といわれる日本。ここ最近、地震災害のニュースが多く報道されています。

地震の恐ろしさは、いつどこで起こるか予測がつかないところにあります。さらに、地震の被害は二次、三次と拡大していく傾向があります。

地震を防ぐことはできませんが、地震の被害を最小限にとどめるための対策は可能です。大切な命を守るためにも、住宅の地震に対する安全性は、しっかり確保しておきたいものです。

地震災害

地震により、割れたガラスから身を守りたい!

地震の時、なぜガラスが危険なのでしょうか?
大地震による大きな揺れによって、次のような被害が考えられます。

  • 建物そのものが破壊される
  • 室内の家具が衝突する
  • 外からの飛来物などによって、ガラスが破壊される

割れたガラスは鋭利なため、触れるのも危険な凶器となります。ガラスが周囲に飛散した場合、ガラスが上階から降ってきたり、床一面に散らばったりと、非常に危険です。ガラスの破片は避難時にも、大きな妨げとなります。

地震でガラスが割れた場合、ガラスが飛散すると大変危険!

窓ガラスの耐震性には要注意!

大地震の場合、揺れにより建物やサッシが変形することがあります。
しかし、ガラスは柔軟に変形する性質をもっていません。
地震の時、ガラスがサッシにぴったりと隙間なく収まっていたとしたら、建物自体やサッシの変形にガラスが耐えられず割れてしまいます。

そこで、窓ガラスは、サッシの変形に、ある程度耐えられるように、設計しなければなりません。サッシとガラスの隙間(クリアランス)を十分取り、地震の揺れによるサッシの変形を、ガラスがある程度許容できるようにして、耐震性を保っています。

窓ガラスの耐震性には要注意!

さっそく窓ガラスの
地震対策をしよう!

→ 地震対策をズバリ解決!
次のページ→

地震対策のことなら沖ガラスにお気軽にご相談ください。
地震に強い住宅づくりのお手伝いをいたします。

地震対策 お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

フリーダイヤル
03-3630-1451