沖ガラス株式会社

窓ガラスの断熱対策で冬を暖かく

お問合わせはこちら(03-3630-1451)

冬場を暖かく過ごしたい

冬暖かくをズバリ解決!
次のページ→

暖房をしても部屋が暖まらない・・!

冬に、暖房をしても部屋が暖まらない・・。特に、戸建て住宅では、冬の室内が、底冷えして寒くなりがちです。

冬を快適に過ごすためには、部屋を暖かく保ちたいものですね。そのためには、住宅の「断熱性能」が重要となってきます。

寒くなりがちな戸建て住宅の断熱性能をアップさせて、暖かく快適な冬場を過ごす方法を、ご紹介します。

暖房をしても部屋が暖まらない

窓ガラスから、熱気が逃げている!

暖房をつけているのに、暖かくなりにくい部屋の中。暖かい空気は、いったいどこへいってしまうのでしょうか。

実は、冬、部屋が暖まりにくい大きな理由が、「窓ガラスの断熱性能」の低さです。窓ガラスから、なんと室内の約48%もの熱が、逃げ出してしまいます。
下のイラストにあるように、熱の出口は、主に窓ガラス! 窓ガラスの断熱性能によって、冬の室内環境は大きく変わります。

窓ガラスから逃げる熱は48%

窓ガラスの断熱性能が低いと・・?!

冬、暖房していても、窓際はいつまでもひんやりしたまま・・・。
窓際に、いつまでも残る冷気は、「冷ふく射」という現象によるものです。この「冷ふく射」現象によって、暖房の暖かさが行き渡らず、室内にひんやりしたゾーンが残ります。

さらに、暖かい空気は上昇し、冷たい空気は下降する性質があります。そこで、冬の窓面の冷たい空気は、下降気流となります。これは、コールド・ドラフトと呼ばれ、部屋全体に冷たい空気が拡散します。

冷輻射によるひんやりゾーンの比較

さっそく冬暖かく過ごせる
窓ガラスにしよう!

→ 冬暖かくをズバリ解決!
次のページ→

冬場の寒さにお悩みなら沖ガラスにお気軽にご相談ください。
冬を暖かく過ごせる対策をアドバイスいたします。商品のお見積もりは無料です。 

冬を暖かく過ごす対策 お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

フリーダイヤル
03-3630-1451