沖ガラス株式会社

窓ガラスのことなら沖ガラスにお任せください

お問合わせはこちら(03-3630-1451)

沿革

1920年 日米板硝子二島工場でコルバーン式板硝子の操業開始。
1924年 6月 創業者 沖貞利、鹿児島県沖永良部島より上京。
豊島区西巣鴨2-1890において建築用板ガラスの小売業を創む。
1933年 立川飛行機製造(株)の工事受注を通じ、海軍より信頼を得、軍艦工場や軍需工場のガラス割り当て補佐役を拝命する。
1944年 板ガラス配給統制実施される。
1947年 7月 千代田区東神田6番地に、株式会社沖硝子工業所を設立。
板ガラス・鏡の卸販売業を確立する。
1948年 12月 日本板硝子(株)の特約店として、関東甲信越地区に建築用板ガラス卸商の地盤を拡大する。
1950年 (株)三越のガラス工事及び什器向けガラスの指定業者に任命される。
1958年 板ガラス工事部門を設置し、本格的にガラス工事の受注に取り組む。
1964年 松戸営業所を開設する。
1968年 2月 社名を沖ガラス株式会社に変更し、本社を東京都中央区日本橋中洲1番9号に新築移転。
1971年 2月 茨城県土浦市真鍋6丁目1番27号に、沖ガラス株式会社 土浦営業所を開設。
1976年 9月 トーヨーサッシ(株)(現在の(株)LIXIL)と特約代理店契約を結ぶ。
1978年 3月 土浦営業所を沖硝子土浦株式会社として、分離独立させる。
1982年 10月 江東区平野2丁目2番地40号に事務所を新築移転。
1988年 3月 日本板硝子(株)の連結決算会社となる。
2000年 11月 ISO 9002の認証を英国のUKASより受ける。
2001年 4月 ISO 9002の認証を日本国のJABより受ける。
2003年 4月 電飾外装飾を共同開発し、特許を出願する。
出願番号 2003-125308
2009年 1月 新日鉄エンジニアリング(株)より 5年間無災害優秀安全取引業者賞を受賞。
2009年 11月 清水建設(株)より優秀取引業者賞を受賞。
2011年 4月 日本板硝子(株)より10年間無事故無災害認証を受ける。
2012年 11月 清水建設(株)より再度 優秀取引業者賞を受賞。